眼科ドック

◯ 自覚症状のないままに進行する目の病気は多くあります。

◯ 40歳以上の方は、目の定期検査が推奨されています。

✔ 眼科検診:眼疾患の早期発見をおこないます。

「眼科ドック」は、自費診療でおこなう基本的な眼科検診です(アイドック、eye checkup)。

とくに緑内障は早期発見が大事:

多くの研究から、「緑内障になりやすいひと」がわかってきています(リスクファクター)1

◯ 目が悪い(=近視が強い)
◯ 40歳以上(40歳以上の20人にひとりが緑内障にかかっている)
◯ 血縁者に緑内障のかたがいる
◯ 低血圧/高血圧
◯ 片頭痛(偏頭痛)
◯ 糖尿病
◯ 喫煙
◯ 冷え性 など(フラマー症候群)2

» “冷え性”と緑内障:フラマー症候群について

保険証を必ずお持ちください
異常がみつかった場合、保険診療に切り替わる可能性があります。

所要時間 約30〜60分(診療状況で前後します):ご予約をお願い致します(電話予約も可能です)。

(参考)

  1. McMonnies, C.W., 2017. Glaucoma history and risk factors. J Optom 10, 71–78. https://doi.org/10.1016/j.optom.2016.02.003
  2. Konieczka, K., Ritch, R., Traverso, C.E., Kim, D.M., Kook, M.S., Gallino, A., Golubnitschaja, O., Erb, C., Reitsamer, H.A., Kida, T., Kurysheva, N., Yao, K., 2014. Flammer syndrome. EPMA J 5, 11. https://doi.org/10.1186/1878-5085-5-11


眼科ドックの費用

(自由診療・税込価格)

眼科ドック ¥5,500
屈折検査、視力検査  
遠視・近視・乱視・老眼/めがね・コンタクトレンズが合っているかどうか
眼圧検査  緑内障の疑いがあるかどうか  
* 眼圧の高くない緑内障(正常眼圧緑内障)も多くあります:3., 5.が重要。
細隙灯顕微鏡検査  
前眼部~眼底までの詳細な観察
涙液分泌機能検査(涙液層破壊時間検査)  
ドライアイの有無
眼底三次元画像解析(光干渉断層計, OCT)・無散瞳眼底写真  
緑内障、網膜疾患が検出されることがある

» 「眼科ドック」について:自覚症状のない眼疾患の早期発見

○ VDT検診 ¥5,500
屈折検査
裸眼視力・矯正視力・近見視力検査
調節機能検査
眼圧検査
眼位検査
ドライアイ検査
隙灯顕微鏡検査

» VDTガイドライン廃止、“情報機器ガイドライン”に変更になりました。

眼科検診の重要性[1分11秒]

・世界をみる窓口になる大事な目、ときどきケアが必要な状態になることもあります。

・くもってみえる(白内障)、みえない部分が現れる(糖尿病網膜症)、まわりがみづらい(緑内障)、真ん中がみづらい(黄斑変性

:どれも初めのうちは全く自覚症状がありません。

・早く気づいて治療を始めないと、著しく視機能を損なってしまうこともあります。

・眼科医は、目のほんの少しの変化をとらえることができます。

・自覚症状がなくても、定期的な眼科検診はとても重要です。

・特に、目の変化が出てくる40歳を過ぎたかたに。。

EyeSmart — American Academy of Ophthalmology

左:横からみた視神経

右:正面からみた視神経

Optic Nerve Fibers(視神経線維)[34秒]

・正常の視神経は、100万本の神経線維からできています。

・緑内障が進んでくると、視神経がダメージを受けて、視神経乳頭陥凹(へこみ)が大きくなってきます。

・そして、見えていない部分(暗点)が広がってきます。

・眼科で視野検査をすることで、自覚症状のない暗点を検出することができます。

EyeSmart — American Academy of Ophthalmology