「眼科ドック」について:自覚症状のない眼疾患の早期発見

2001年に九大に入局して眼科医になって長い間は、目の疾患に対しての病態生理(なぜおこるか)とそれに対しての治療のことを考える時間がほとんどでした。

2015年〜 糸島で医師ひとりでの診療(林眼科分院)をはじめて、早良区高取で診療を続けるいまは、
疾患の「早期発見」の重要性を特に思います。

ご希望の方には、自費診療で眼科検診を受けることが可能です(アイドック、eye checkup)。

「眼科ドック」について:
自覚症状のない眼疾患の早期発見

費用:¥5,500
自由診療(税込価格)

次のような症状・疾患があれば、保険診療の対象となります。

・視力が落ちた、左右の見え方が違う
・近くがみづらい
・かすんでみえる
・ゆがんでみえる
・目に違和感がある
・黒いものが飛んで見える(飛蚊症)
・涙が多い、めやにが出る 等
・コンタクトレンズ使用中
・糖尿病、高血圧、高脂血症
・自己免疫性疾患(慢性関節リウマチ 等の膠原病)
・アトピー性皮膚炎 等

* 目の症状/考えられる疾患については、「診療案内」のページに記載しています。

◯ 屈折検査、視力検査
 遠視・近視・乱視・老眼/めがね・コンタクトが合っているかどうか
◯ 眼圧検査
 緑内障の疑いがあるかどうか
◯ 細隙灯顕微鏡検査
 前眼部~眼底までの詳細な観察
◯ 涙液分泌機能検査
 ドライアイの有無
◯ 眼底三次元画像解析(光干渉断層計, OCT)、無散瞳眼底写真
 緑内障、網膜疾患が検出されることがある

» 網膜画像診断の進歩:超広角眼底撮影

どうぞお問い合わせください。

とくに緑内障は早期発見が大事。。
多くの研究から、「緑内障になりやすいひと」がわかってきています(リスクファクター)1
◯ 目が悪い(=近視が強い)
◯ 40歳以上(40歳以上の20人にひとりが緑内障にかかっている)
◯ 血縁者に緑内障のかたがいる
◯ 低血圧/高血圧
◯ 片頭痛(偏頭痛)
◯ 糖尿病
◯ 喫煙
◯ 冷え性 など(フラマー症候群2

* 企業で行う健康診断等では、
失明の3大原因:緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性の診断がついていません。

眼科の情報サイト 
眼科に行って何をするの? 緑内障の検査

(参考)
1. McMonnies, C.W., 2017. Glaucoma history and risk factors. J Optom 10, 71–78. https://doi.org/10.1016/j.optom.2016.02.003
2. Konieczka, K., Ritch, R., Traverso, C.E., Kim, D.M., Kook, M.S., Gallino, A., Golubnitschaja, O., Erb, C., Reitsamer, H.A., Kida, T., Kurysheva, N., Yao, K., 2014. Flammer syndrome. EPMA J 5, 11. https://doi.org/10.1186/1878-5085-5-11

目次
閉じる