眼科レーザー治療(緑内障/網膜)

○ 眼科でおこなうレーザーは主に2種類です。
 “光凝固”の「アルゴンレーザー」:網膜疾患
 “衝撃波”の「YAGレーザー」:緑内障、後発白内障
  組織を”揺らす”イメージです

○ 網膜疾患/緑内障/後発白内障に対応することができます。

○ いずれも外来でおこないます(保険適用/日帰り)。

○ 網膜疾患
Laser photocoagulation: 網膜光凝固術
糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜剥離、網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症、 等
眼底検査の後に上記診断となった場合、考慮されます。

○ 緑内障・高眼圧症
SLT, selective laser trabeculoplasty: 選択的レーザー線維柱帯形成術
開放隅角緑内障・高眼圧症の診断、外来経過観察中の方に対して考慮されます。
低エネルギーのYAGレーザーを用いた治療です。

○ 後発白内障
YAG capsulotomy: 後発白内障手術(YAG後嚢切開術)
白内障手術の後の視力低下:後発白内障の診断となったかたへ考慮されます。