眼炎症・ぶどう膜炎

◯ 目の炎症全般を“眼炎症疾患”とよびます:Ocular immunology「眼免疫学」
 特に、ぶどう膜炎(虹彩炎・虹彩毛様体炎)/強膜炎の方を多く診ています。

◯ ぶどう膜炎専門医による診療:
 正確に炎症の状態を把握し、コントロールします。

○ 全身の炎症を反映することも多い「ぶどう膜炎・強膜炎」:内科との連携診療

◯ 現在の状態につき、ご理解いただけるまで徹底した説明をおこなっています。

○ 眼科医療の発展により、失明に至ることは非常に少ない疾患となっています。

✔ 免疫学/眼科学の観点からの説明、今後の見通し 等

✔ 各種医療機器を用いた網膜血管・脈絡膜血管炎症の把握(超広角眼底撮影・OCT血管撮影・高深達OCT 等の使用)

✔ 九州大学眼科ぶどう膜外来との連携診療:
 炎症が落ち着いている間も、不安があればいつでも受診できる準備をととのえています。

記載は、適宜追加を続けています。

» ぶどう膜炎の診療をしています。

» 網膜画像診断の進歩:超広角眼底撮影

» 眼炎症診療で経験した“パラダイムシフト”

» 関節リウマチと目/炎症性疾患への考え方

» 眼の炎症(ぶどう膜炎)は心臓の危険もある”

» 眼の炎症(ぶどう膜炎)は心臓の危険もある”

» 眼科の「予防医学」:地域にあわせた診療(アップデート)

» OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)

» 強膜炎を原因とする目の痛み・充血