強膜炎を原因とする目の痛み・充血

白目/目を構成する壁に当たる「強膜」は、主にコラーゲン・結合組織が豊富に含まれています。

そのため、コラーゲンを含む組織を巻き込んだ炎症:
リウマチ・強直性脊椎炎・ループス

などの、膠原病を反映することがあります:Collagen disease(コラーゲン病)

そのため、強膜の炎症が考えられる場合には
背部痛(背中の痛み)、関節痛、消化器症状

等の有無もお聞きします。

身体のどこかの炎症が、目に反映されていることもあります。

目次

強膜炎を原因とする目の痛み

✔ 目の痛み
✔ 目の違和感
✔ 白目の充血
✔ かすみ
✔ 流涙
✔ 光がまぶしい

目の痛み・充血などの症状は、ときに強膜炎を原因とするものであることがあります。

強膜炎の痛みはときにとても強く:

夜に悪くなり、顔からあごにまで広がることもあります。

なぜ強膜炎で目が痛むか?

強膜には脳神経→毛様体神経節経由が分布1しており、炎症に伴い痛みが生じるものと思われます。

・前部強膜炎(眼球の前方に起こる炎症)
・後部強膜炎(眼球の後方に起こる炎症)

前部強膜炎の方が頻度が高く、日常診療でたびたび診る機会があります。

後部強膜炎は、
・網膜剥離2(=視力に影響)
・閉塞隅角緑内障3(=眼圧が高くなる)

を合併してしまうこともあります。

前部強膜炎・後部強膜炎、双方に渡る場合もあります。

結節性(nodule, かたまり状)の後部強膜炎では、脈絡膜悪性黒色腫(目のがん)と間違われることもあります4

非常にまれですが、鑑別することが困難です。

強膜炎を起こす原因

○ 関節炎(関節の腫れ、こわばり、痛み等)5
○ ループス(全身性エリテマトーデス(SLE))6 
○ 炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎・クローン病 7
○ シェーグレン症候群 8
○ 強直性脊椎炎 9 
○ 多発血管炎性肉芽腫症 10 
○ 強皮症 11 その他の膠原病/結合組織病
○ 目の怪我をしたあと:真菌・寄生虫による強膜炎 12 

全身疾患・自己免疫性疾患に伴うことが、多くあります。

強膜炎の診療

細隙灯顕微鏡、OCT、高深達OCT(EDI-OCT)などを用いた検査をおこなっています。
全身状態をお聞きして、リウマチ/膠原病内科での診療を一緒におこなうこともあります。

ステロイド点眼(リンデロン®など)で治療できるものから、手術加療を必要とするものまで様々です。

繰り返し再発することもあります。

強い炎症をきたした後に、強膜は薄くなってしまう(菲薄化)ことがあります。

かなり薄くなると、内側のぶどう膜が透けて見えることがある:
ひどくなれば、ぶどう膜が出てきてしまうこともあります。

その場合、重い視力障害を残してしまいます。

1. May, C.A., 2004. Morphology of the long and short uveal nerves in the human eye. J Anat 205, 113–120. https://doi.org/10.1111/j.0021-8782.2004.00317.x
2. Kellar, J.Z., Taylor, B.T., 2015. Posterior Scleritis with Inflammatory Retinal Detachment. West J Emerg Med 16, 1175–1176. https://doi.org/10.5811/westjem.2015.8.28349
3. Heinz, C., Bograd, N., Koch, J., Heiligenhaus, A., 2013. Ocular hypertension and glaucoma incidence in patients with scleritis. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 251, 139–142. https://doi.org/10.1007/s00417-012-2108-3
4. Alsharif, H.M., Al-Dahmash, S.A., 2018. Atypical posterior scleritis mimicking choroidal melanoma. Saudi Med J 39, 514–518. https://doi.org/10.15537/smj.2018.5.22130
5. Zlatanović, G., Veselinović, D., Cekić, S., Živković, M., Đorđević-Jocić, J., Zlatanović, M., 2010. Ocular manifestation of rheumatoid arthritis-different forms and frequency. Bosn J Basic Med Sci 10, 323–327.
6. Sivaraj, R.R., Durrani, O.M., Denniston, A.K., Murray, P.I., Gordon, C., 2007. Ocular manifestations of systemic lupus erythematosus. Rheumatology (Oxford) 46, 1757–1762. https://doi.org/10.1093/rheumatology/kem173
7. Troncoso, L.L., Biancardi, A.L., de Moraes Jr, H.V., Zaltman, C., 2017. Ophthalmic manifestations in patients with inflammatory bowel disease: A review. World J Gastroenterol 23, 5836–5848. https://doi.org/10.3748/wjg.v23.i32.5836
8. Ahmadi-Simab, K., Lamprecht, P., Nolle, B., Ai, M., Gross, W., 2005. Successful treatment of refractory anterior scleritis in primary Sjögren’s syndrome with rituximab. Ann Rheum Dis 64, 1087–1088. https://doi.org/10.1136/ard.2004.027128
9. Bacchiega, A.B.S., Balbi, G.G.M., Ochtrop, M.L.G., de Andrade, F.A., Levy, R.A., Baraliakos, X., 2017. Ocular involvement in patients with spondyloarthritis. Rheumatology (Oxford) 56, 2060–2067. https://doi.org/10.1093/rheumatology/kex057
10. Sfiniadaki, E., Tsiara, I., Theodossiadis, P., Chatziralli, I., 2019. Ocular Manifestations of Granulomatosis with Polyangiitis: A Review of the Literature. Ophthalmol Ther 8, 227–234. https://doi.org/10.1007/s40123-019-0176-8
11. de A. F. Gomes, B., Santhiago, M.R., Magalhães, P., Kara-Junior, N., de Azevedo, M.N.L., Moraes, H.V., 2011. Ocular findings in patients with systemic sclerosis. Clinics (Sao Paulo) 66, 379–385. https://doi.org/10.1590/S1807-59322011000300003
12. Guerrero-Wooley, R.L., Peacock, J.E., 2018. Infectious Scleritis: What the ID Clinician Should Know. Open Forum Infect Dis 5. https://doi.org/10.1093/ofid/ofy140

目次
閉じる