結膜炎:「うつる」か「うつらない」の判断基準

「結膜炎」と言われたら、

・学校・保育園・幼稚園をお休みにしないと
・プールに行けるのか
・習い事はお休みしないと
・保育園の陰性証明書?

一瞬で頭によぎってしまうかもしれません。

「結膜」とは、
まぶたの裏〜白目までつながる透明な膜のことをさします。
血管もリンパ管も多い組織です1

外から入ってきたものに対して反応すること:「炎症」

結膜が炎症を起こすことの総称が、結膜炎と呼ばれます。

あらゆるものが目の表面に入ってきて、炎症を起こす原因となります。

ほとんどの結膜炎は、ひとにうつらない結膜炎です。
ものもらい」とも、別です。

うつる結膜炎とは?
多くは、ウイルス性の結膜炎です。
アデノウイルスが結膜に侵入し、炎症を引き起こします。
炎症がおさまった後に、黒目に濁りを残してしまうこともあります。

目次

結膜炎:「うつる」か「うつらない」の判断基準

日常診療での、一般的なお話を記載します。

うつる結膜炎:見た目・症状は?

結膜が炎症を起こすと、血管が拡張します。
白目は、見た目として明らかになります:「充血」

うつる結膜炎の原因:多くは「アデノウイルス」が引き起こす結膜炎

ウイルス性の結膜炎のほとんどは、アデノウイルスによって引き起こされます:「流行性角結膜炎」

その他に、
・単純ヘルペス
・水疱帯状疱疹ウイルス
・新型コロナウイルス(COVID-19)
も、ウイルス性結膜炎を引き起こすことがあります。

いずれも、とてもうつりやすい結膜炎です。

「流行性角結膜炎」の症状


・充血
・涙が出る
・ざらざらした感覚
・かゆみ、不快感、熱感
・めやに 等

多くの場合、うつらない結膜炎と症状で区別するのが困難です。

うつる結膜炎:どうやってうつるか

もし何かを触って、そこにウイルスがいたとする
→その手で自分の目を触る
→24-72時間後、ウイルス性の結膜炎を発症

・本、雑誌
・おもちゃ
・タオル
・コンタクトレンズ
・コンタクトレンズケース

など、感染源になってしまうことがあります。

結膜炎がうつるかうつらないかの判断:眼科でおこなうこと

初めに、
「見た目」で判断されます。
細隙灯顕微鏡を使った診察です。

写真:
https://eyewiki.aao.org/Epidemic_Keratoconjunctivitis

肉眼でも、以下をある程度みることができます。

・腫れがひどくないか
・下眼瞼の濾胞(ぶつぶつ)があるかどうか
・白目(球結膜)の充血があるかどうか

もし流行性角結膜炎が疑われた場合には、
検査をおこなうことがあります。

アデノウイルスの抗原を検出するキットです。

今は、クイックチェイサーAdenoを使っています。

細い紙に染み込ませて涙を採取、検査をおこないます。
採取時の痛みがほとんどありません。

はっきりと2本線が出た場合、間違いなく陽性(強陽性)。
うっすらと出た場合も、陽性。

陽性なら、迷わず
「流行性角結膜炎」の判断となります。
(EKC: Epidemic Keratoconjunctivitis)

判断が不安定になるのは、
検査が陰性であった場合です。

陰性が確定したことにはなりません。

偽陰性の可能性があり、
「疑わしきは・・」
の判断で、気をつけて生活することをお話されることになります(後述)。

ウイルスに効く目薬がありません。
2週間(14日間)程度炎症が続いた後、
はやり目(流行性角結膜炎)の症状は自然に軽快してきます。
炎症を抑える目薬(ステロイド点眼)を処方されることが一般的です。

結膜炎:診断的治療

「診断的治療」という言葉があります。

  • 抗生剤
  • ステロイド 等

目薬で炎症がおさまってしまえば、
流行性角結膜炎ではなかった
という判断となります。

その際に示唆される原因:
・アレルギー性結膜炎
・細菌性結膜炎
・化学物質による結膜炎 
等の、うつらない結膜炎

ウイルスと比べて、
他の病原体・アレルゲンは、大きさが違います。

Visual Capitalist

ウイルス性結膜炎とは違う、それぞれの治療方針となります。

ウイルス性結膜炎(流行性角結膜炎):うつさないために気をつけること

  • 目をさわらないようにする
  • 毎日タオルを交換する
  • 洗濯物は別にする
  • ひんぱんに手を洗う
  • 使った化粧品は捨てる
  • 持ちものを共有しない

結膜炎:治ったあとコンタクトはいつから使える?

流行性角結膜炎に罹患したあと、黒目(角膜)の濁りが出ることがあります。
ウイルスによる炎症が続いていることが考えられます。

流行性角結膜炎と判断されていた場合、治ったあとの角膜の状態が重要です。
角膜に問題がないことを確認されてから、コンタクト装用を再開されるのが良いと思われます。

参考文献

  1. Nakao, S., Hafezi-Moghadam, A., Ishibashi, T., 2012. Lymphatics and Lymphangiogenesis in the Eye. Journal of Ophthalmology 2012, e783163. https://doi.org/10.1155/2012/783163
  • URLをコピーしました!
目次