顔認証AIカメラ:クリニック入口での体温測定(検温)

クリニック入口にサーモグラフィー(サーマルカメラ・顔認証AIカメラ)を設置し、ひと月が経ちました。

受診時に、ひとりひとり必ず検温をお願いしています。

スタッフ全員の検温も毎日おこなっています。

サーマルカメラ・顔認証AIカメラを用いる利点

○ 医療スタッフが、入口や院内に立って検温をする必要がない。

○ 画面を見ていただくだけで、瞬時に検温ができる。

○ 受付カウンター内へサーモグラフィーに連動したモニターを設置:
待合室に警告音(アラーム)は鳴らさず、病院の受付担当者が目視でひとりひとりの患者さんの体温を確認できる。
→37.5℃以上が検出されたかたには、通常の体温計を使用した検温をお願いしています。
(まだいらっしゃったことがありません)

✔ マスクをされていない方には、手作りの不織布マスクをお渡ししています。

カメラで検温すること、
医療スタッフ・患者さん双方にとても使い勝手が良いです。

いつもご協力をありがとうございます。

使用しているものは以下の通りです。

HIKVISION社製 DS-K1TA70MI-T
(検温機能付き顔認証リーダー)

HIKVISION社製 DS-KC001
(モニター)


* コロナの助成金「医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援」で購入しました。

目次
閉じる