“すぐ買えるコンタクト”の危険

“すぐ買えるコンタクト”の危険

(空き箱だけ/処方箋なし/クイック購入 等)

アメリカ眼科学会(American Academy of Ophthalmology, AAO)の34秒の動画:日本語訳のご紹介です。

・’バラエティショップ、ドラッグストアやドライブスルーでもコンタクトが買えます’

・’処方ありでも無しでも、とってもかんたんに手に入って(Super-Easy)、きれいになれます(Cool, right?)’

・’でも、こんな状態になってしまうこともあります’

(コンタクトレンズによる角膜障害の画像4枚)

・’みえ方に全く問題なくても、コンタクトを買うときは必ず眼科で検査をしてください

EyeSmart — American Academy of Ophthalmology

賑やかな商店街・学生の町で、コンタクトレンズ障害のかたをみる機会も多くあります。

大切な目に、十分気をつけてコンタクト・カラコンを使用されてください。【コンタクトレンズの診療】

・角膜内皮細胞数(スペキュラーマイクロスコープ)
・涙液層の安定性
・角膜上皮の状態(傷の有無)
・コンタクトレンズによる結膜炎の有無 
・近視が強い方:緑内障/網膜疾患の早期発見 等

https://www.takeru-eye.com/contactlens

* 眼の安全に配慮し、コンタクトレンズの処方箋のみの発行は行っておりません。

あわせて読みたい
コンタクトレンズ
コンタクトレンズ○ コンタクトレンズは医薬品医療機器等法(旧薬事法)により、高度管理医療機器(ペースメーカー/人工呼吸器/透析器/バルーンカテーテル/ステント等)のうちクラスI...
目次
閉じる