まつげエクステとアレルギー性炎症

まつげエクステ(マツエク;eyelesh extensions)使用中で、充血・まぶたの腫れ等で受診 角結膜炎・眼瞼炎の診断となったかたがこれまでに数名いらっしゃいました。

アレルギー性の炎症の本態(原因)は、エクステを自分のまつげに接着させる “グルー”に含まれるエチルシアノアクリレート(ethyl 2-cyanoacrylate)によるものです1

まつげエクステをはずしていただいた上、炎症を抑える点眼・軟膏を使います。

○ ○ ○

緑内障の点眼薬のうち、プロスタグランジン関連薬(PG製剤)の副作用として「まつげがのびる」ことがあります。

たくさんの緑内障患者さんをみていると、PG製剤点眼中のほとんどの方がまつげが長く太くなっています。

この副作用を、eyelash hypotrichosis(睫毛減少症):まつげが少ない状態 の方に対して、美容目的で使うことができます。

グラッシュビスタ(アラガン社)は、緑内障点眼薬のPG製剤(ルミガン; bimatoprost)と同じものをまつげの生え際に塗布するものです2

まぶたの際に薄くアイラインをひくように

専用の細いブラシでぬる

→ 3か月くらいで、まつ毛が多くなる。

(まつ毛美容液とは別です)

自分のまつげを増やすので、上記のアレルギーが起こることもありません。

まつげエクステの危害についての注意喚起もご参照ください3

グラッシュビスタには保険は適用されず、自由診療になります。

(眼底の状態もあわせて)細隙灯顕微鏡で目の健康状態をチェックできることが、眼科専門医で処方を受けることの利点と思います。

* 2021.1.8更新:オンライン診療にも対応できるようにしました。https://www.takeru-eye.com/show_iframe_component/5997173

ご希望がありましたらご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

参考:
1. Ocular disorders due to eyelash extensions
Cornea. 2012 Feb;31(2):121-5.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22134404
2. Bimatoprost in the treatment of eyelash hypotrichosis
Clin Ophthalmol. 2010; 4:349–358.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20463804
3. 後を絶たない、まつ毛エクステンションの危害(独立行政法人国民生活センター)
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20150604_1.html

目次
閉じる