飛蚊症:網膜剥離・網膜裂孔をきたす確率(リスク)

目の中のゼリー(硝子体)の正常な変化である「後部硝子体剥離」は、どなたにでも起こります。
後部硝子体剥離が起こる際に、急に飛蚊症が増えます。

後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり:posterior vitreous detachment, PVD)


眼科を受診した際には、網膜・硝子体の包括的/全体的な検査をおこないます。
その際、網膜剥離・網膜裂孔が発見されることもときどきあります。

目次

後部硝子体剥離:網膜剥離・網膜裂孔をきたす確率(リスク)

後部硝子体剥離の症状

飛蚊症(floaters)
:“myodesopias”
“entopsias”

光が走って見える・点滅して見える(light flashes)
“photopsias”

✔️みえない部分(中心暗点)がある場合、網膜剥離を伴っている可能性があります。
“scotoma”

後部硝子体剥離と網膜裂孔・網膜剥離:大規模な臨床研究結果のご紹介

昨年と今年のOphthalmology誌に、大規模な研究結果が発表されています。

2020年のOphthalmology誌1
ペンシルバニア州の医療機関(Wills Eye Hospital)より
[対象]飛蚊症など、後部硝子体剥離の急性症状を呈した7,999人の患者さん
[目的]網膜裂孔・網膜剥離の発生率と合併症の要因を調査
[結果]初診時に網膜裂孔と診断されたのは1280人(16.0%)、網膜剥離と診断されたのは499人(6.2%)
その後に遅れて網膜裂孔と診断されたのは209人(2.6%)、網膜剥離と診断されたのは80人(1.0%)
うち、
6週間以内:網膜裂孔116人(55.5%)、網膜剥離26人(32.5%)
6週間以降:網膜裂孔93人(32.5%)、網膜剥離54人(66.6%)

2021年 Ophthalmology誌2
カリフォルニア州の医療機関の電子カルテ(Kaiser Permanente Northern California)より
[対象]飛蚊症など、後部硝子体剥離の急性症状を呈した8,305人の患者さん
[目的]網膜裂孔・網膜剥離の発生率と合併症の要因を調査
[結果]初診時に網膜裂孔と診断されたのは448人(5.4%)、網膜剥離と診断されたのは335人(4%)

飛蚊症にともなう網膜剥離・網膜裂孔:急ぎの電話でわかるリスクの高さ

眼科にアクセスしづらい状況である場合、電話による問診も役立ちます2

【後部硝子体剥離による網膜剥離・網膜裂孔のリスク】

○ 視力低下をきたしている・みえづらくなった
○ 男性であること
○ 家族に網膜裂孔・網膜剥離と診断されたかたがいる
○ 角膜矯正手術(レーシック)を受けたことがある
○ 白内障手術を受けたことがある


このような方はリスクが高いと考えられます。

受診後、各種眼科検査および眼科医の目(細隙灯顕微鏡)により:
網膜剥離・網膜裂孔のリスクはさらに分別されます2

○ 硝子体色素
○ 硝子体出血
○ 網膜出血
○ 網膜格子状変性・網膜周辺部変性
○ 0.5より低下した矯正視力
○ 強度近視
* 遠視の眼は、網膜裂孔・網膜裂孔になりにくい

硝子体色素細胞:眼科散瞳前にわかること

眼科診察では必ず水晶体の後ろ(前部硝子体細胞の有無)をチェックしています。
散瞳をする検査の前に、すぐわかる所見です。

硝子体に色素細胞(網膜色素上皮細胞)がある場合、網膜裂孔・網膜剥離をきたしているリスクが高いと判断されます2

後日に発見されることもある網膜裂孔・網膜剥離

上記ペンシルバニアの論文1では、総数7,999人のうち
平均101日後に、

網膜裂孔:209人(2.6%)
網膜剥離:80人(1.0%)
の診断となりました。

リスク因子として、以下が挙げられています。

○ 硝子体出血(vitreous hemorrhage)
○ 網膜内出血(intraretinal hemorrhage)
○ 網膜格子状変性(lattice retinal degeneration)
○ 眼内レンズ挿入眼/白内障手術後(pseudophakia)
○ 男性(male gender)

受診時に上記の項目がみられた場合、
眼科医は網膜裂孔/網膜剥離のやや高い危険性を念頭において、経過観察をします。

飛蚊症で気をつけること(チェック項目)

リスクが高い目であるかどうか、を把握しておくことが重要です。

  • 近視が強い
  • 男性
  • 網膜裂孔・網膜剥離の家族歴がある
  • 目の手術を受けたことがある

2020年と2021年Ophthalmology誌:2つの論文で、数字が大きく違う理由

アメリカは眼科が細分化されており、
Retina specialist(網膜専門医)
Cataract specialist(白内障専門医)
Glaucoma specialist(緑内障専門医)
Cornea specialist(角膜専門医)
など、それぞれの医師がいます。

そのため、
網膜専門医は白内障手術・緑内障手術をしない 等
が通常です。

硝子体手術後の合併症、緑内障になった際には
数週間後の緑内障専門医の予約を取る必要がある
ことも、日常でした。

Wills Eye Hospitalはアメリカで最も有名な眼科研究所・眼科病院のひとつで、
全米から来院・網膜専門医を受診します。

カリフォルニアの電子カルテの解析では、
Kaiser Permanente Northern California:保険会社が保有する400万人の情報
全体的・包括的な眼科情報が含まれています。

母集団の違いにより、大きな差があるものと考えられます。

本邦の眼科医(クリニック・総合病院・眼科病院)は、全ての眼疾患を診察します。
そのため、今回のカリフォルニア州の研究の結果がより近いと考えられます。

参考文献

  1. Uhr, J.H., Obeid, A., Wibbelsman, T.D., Wu, C.M., Levin, H.J., Garrigan, H., Spirn, M.J., Chiang, A., Sivalingam, A., Hsu, J., 2020. Delayed Retinal Breaks and Detachments after Acute Posterior Vitreous Detachment. Ophthalmology 127, 516–522. https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2019.10.020
  2. Seider, M.I., Conell, C., Melles, R.B., 2021. Complications of Acute Posterior Vitreous Detachment. Ophthalmology 0. https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2021.07.020

» 網膜画像診断の進歩:超広角眼底撮影

目次
閉じる