【20-20-20ルール】「ポモドーロテクニック」で遠ざける”デジタル眼精疲労”

トマトのタイマーを25分に合わせて集中して、短い休憩をする:

仕事や勉強が飛躍的にはかどります。

ポモドーロテクニック(Pomodoro Technique)

大学で最後の試験が行われていた。

皆は徹夜で勉強をして、危険なほどのカフェイン摂取、目をこすりながら授業ノートを一生懸命おぼえた。

同じ場所を読んだり、頭の中は混乱したりして何も覚えていない:

”勉強のしすぎ” は意味がない。

Francesco Cirilloは、大学1年生のときに気づいた。

トマトタイマー(キッチンタイマー)を手に入れて、10分にセット。

集中した後の10分は、何もしない時間にした。

トマトのイタリア語表記から、

「Pomodoro Technique; ポモドーロテクニック」と呼ばれるようになりました。

現在では集中する時間は25分とされ、世界中で生産性向上術として知られています。

「ポモドーロテクニック」で遠ざける デジタル眼精疲労

このホームページ内で、「20–20-20ルール」とデジタル眼精疲労

をご紹介しています。

(* 20分近くをみたら20秒遠く(20フィート=5-6m)をみる)

ポモドーロテクニックは、「20-20-20ルール」とほぼ一緒ですね🍅

○ 仕事がはかどる
○ 勉強がはかどる
○ デジタル眼精疲労を遠ざける

効果を、期待できます。

トマトタイマーを買ってもいいですが、アプリを使う方が現実的でしょうか。

ポモドーロテクニックのアプリ

Forest
スマホに触らない時間を作ることで、実際の植樹にまでつなげます。

Be Focused
シンプルにポモドーロテクニックができるアプリ。

Focus To-Do
ポモドーロテクニックと、To-doリストがどちらもできるアプリ。

目次
閉じる