目の中の「視神経」のお話(スクリーニング)

網膜の神経線維を束ねた「視神経」:かたちから、様々なことがわかります。

疾患の種類にかかわらず、受診されたほぼすべてのかたに対して:

細隙灯顕微鏡と前置レンズ(Superfield NC, Volk社)を使って、目の中の「視神経」を観察します。

目薬で瞳孔をひらくことなく、瞬時に以下のようなことをみています。

* スクリーニング:正常なかたちか、疾患の疑いがあるか、を判断

視神経の、

大きさ/ふち(辺縁)の状態/へこみ(陥凹)の深さ・形/血管のかたち/出血の有無/まわりの網膜の状態(網膜神経線維層欠損)

○ 視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとう かんおうかくだい)
目が悪い(近視が強い)かたに、とても多いです。
コンタクト・めがねで長年過ごされていた方が、視神経のかたちの異常に気づかれていないことも多いです。
企業検診や健康診断で、眼底写真から指摘されることもあります(再検査)。
高眼圧症・緑内障のほとんどは、自覚症状がありません。

https://www.takeru-eye.com/show_iframe_component/4322048

○ 視神経乳頭出血(DH, disc hemorrhage)

○ ぶどう膜炎・視神経網膜炎

○ 糖尿病網膜症・糖尿病性視神経症

○ 視神経炎

○ 遺伝性視神経症
 レーベル遺伝性視神経症

○ 中毒性視神経症
 抗結核薬(エタンブトール)、シンナー・有機溶剤、抗不整脈薬の使用 等

○ 栄養が足りない(栄養欠乏性視神経症)、血流が足りない(虚血性視神経症) 等。

必要に応じて、OCT(光干渉断層計)を用いた解析を行います。
視野検査が必要と判断される場合には、眼底写真とOCTの結果を先にお見せします。

結果はすべて、患者さんの目の前のモニターに提示してご説明します。

ご家族への説明をご希望のかたは、いつでも来ていただいて画像をお見せしています。
遠慮なくおっしゃってください。

目次
閉じる