「スマホ内斜視」(スマートフォンの使いすぎによる “寄り目”)

数年前と比べて、スマートフォン利用者は急激に増えました。

スマホの使いすぎやVDT作業により、目を内側に向かせる筋肉(内直筋)に負担がかかり“寄り目”になってしまいます(内斜視):「急性内斜視」

急性内斜視が戻らなくなれば、手術による治療が必要となることもあります。
手術は、大きな負担になってしまいます。

近くをみるときは、寄り目になりピントをあわせる筋肉を緊張させています(輻輳/毛様体筋による調節緊張)。

“目が良い” 遠くがよくみえるひとは、特に調節緊張も強い状態になります。

「スマホ内斜視」
(スマートフォンの使いすぎによる “寄り目”)

「急性内斜視」:
急性後天性内斜視 (acute acquired comitant esotropia, AACE)は30年前よりあった疾患概念でしたが、まれなものとされていました1

韓国の忠南大学(Chungnam National University)からの論文の紹介です2
2010年には5.8%~2011年には36.2%、
2013年には81.5%の人がスマートフォンを使うようになりました。

忠南大学小児眼科の2009~2014のカルテより12人を対象とした研究:
○ 年齢は7-16歳:平均13.33(±3.31)歳
○ 発症して平均5.83(±2.89)か月で来院。
○ スマートフォン使用は1日あたり平均6.08(±1.78)時間、10.5(±5.13)か月。
○ 全ての患者さんが30cm以下の距離でスマートフォンを使用。
○ 9人が水平複視(だぶってみえる状態)
○ そのうち5人は遠くをみるときにときどき複視があった。
○ 生活に重大な支障のある患者さんはいなかった。

✓ スマートフォンの使用を制限することで、全員に内斜の改善があった。

✓ 制限後も内斜が残った患者さん5人には、斜視手術を推奨し3人が手術を受け内斜視が改善した。

* まだ症例が少ないため、エビデンスの蓄積が必要と思われます。(同論文より)

Acute acquired comitant esotropia (急性後天性内斜視:AACE)

(1) Swan type:

esotropia due to the disruption of fusion (precipitated by monocular occlusion or loss of vision in one eye);
内斜視で立体視ができない状態になっている
片目をかくすと楽になる/片目が見えていない状態になっている(抑制)

(2) Burian-Franceschetti type:

esotropia characterized by minimal hypermetropia and diplopia, often associated with physical or psychological stress;
遠視や複視を特徴とした内斜視、身体的・精神的ストレスがあるかたに発症することが多い

(3) Bielschowsky type:

esotropia that occurs in adolescents and adults with varying degrees of myopia, and shows equal deviation at distance and near fixation
思春期や成人に起こる内斜視
軽度~高度の近視、遠くをみるときも近くをみるときも両眼のバランスが同じになっている状態

(参考)
1.Clark, A.C., Nelson, L.B., Simon, J.W., Wagner, R., Rubin, S.E.. Acute acquired comitant esotropia. Br J Ophthalmol. 1989 Aug; 73(8): 636–638.
2.Lee, H.S., Park, S.W., Heo, H., 2016. Acute acquired comitant esotropia related to excessive Smartphone use. BMC Ophthalmol 16.
https://doi.org/10.1186/s12886-016-0213-5

» ブルーライトとデジタル眼精疲労

» 「デジタルデバイスの小児および若年者に与える影響」