ICL手術後の長期的な合併症(緑内障・白内障など)とその原因

世界中でICLの手術が増えてきて、ICL手術後の眼の状態を診察することが増えてきました。

ICLをした目で気をつけること:
長期的な合併症は、

  • 緑内障
  • 白内障

LASIK(レーシック)の対象となる目と同じく、

ICL手術対象となる目
=近視の目
=緑内障・白内障の危険因子が高い状態の目1

です。

・緑内障
・白内障
・網膜剥離 等

ICLの手術は、将来の眼疾患リスクの高い目に対して行われていることになります。

目次

ICL手術後の長期的な合併症(緑内障・白内障など)とその原因

ICLのレンズを入れる場所

ICLの挿入される場所は、水晶体と虹彩の間の狭いスペースです。

ICLのレンズが虹彩と毛様体小帯(zonule)に当たって、目の中で色素が舞います。
目の中の水の通り道「隅角」に詰まって、気づかないうちに眼圧が上がります。
眼圧が上がっても、通常は自覚症状がありません。

その結果視野の変化(狭くなってくる・欠けてくる状態)がだんだん進んできます。
特に気づかないうちに経過します。

かなり進んだころに、見えづらいことに気づく
:進行した緑内障の状態となっています2, 3

ICLの長期的な後遺症で、緑内障になってしまった状態です。

進行した緑内障の状態になると、後戻りはできません。

また、
ICL手術後の白内障発症は、房水の循環→ 水晶体の代謝に影響した結果であることも考えられています3

緑内障と異なり、白内障は手術で視力を回復することができます。
でも、白内障手術の負担・眼内レンズ計算式の不安定性・ピント調節の不自由などの問題が残ってしまいます。

白内障手術をする際に、ICLレンズを取り出すリスク・合併症も問題になります。

ICLを取り出す際のリスク・合併症

ICL手術後:長期的な経過の後に「何か」あった場合、
ICLは簡単に取り出せるか?リスクは?

切開創を広げて、ICLを取り出します。

ICLを取り出す動画(和訳要約)

  • ICL(Implantable Columnar Lens)は強度近視または近視性乱視を持つかたに使用され、美容的な結果と屈折矯正手術の需要の増加に伴い、ますます人気があります。
  • ICLの取り外しを開始する前に瞳孔を極大に拡張させること(極大散瞳)は、後方眼房のハプティクス(眼内レンズの支え)を操作しやすくするために重要です。
  • 粘弾性物質(特にナトリウムヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸を含む凝集性と分散性のあるもの)を、前房内に注入します。前房を適切に維持するのに役立ちます。
  • ICLの取り出しとは、ダイアリングホールにフックを嵌め込み、ICLの4つのエッジを優しく前房内に押し出す(脱臼)プロセスであり、角膜内皮や水晶体に損傷を与えないように注意が必要です。
  • 角膜切開の大きさによっては、2.8ミリメートル以上の場合はICL全体を取り外す一方、2.8ミリメートル未満の場合はICLを2つに切り分けてから取り外します。

目の中からICLを引っ張り出す際に、さまざまな合併症が起こる可能性があります4

  • (外傷性)白内障
  • 網膜裂孔・網膜剥離
  • 緑内障
  • 角膜内皮細胞減少
  • 水疱性角膜症 等

ICLを取り出す際の最も一般的な合併症は、白内障の発症と長期にわたる緑内障リスクの増加です。

スイスで行われた10年間の研究の結果、ICL手術後、約55%の患者さんの眼に白内障が発症し、13%に眼圧上昇を伴う緑内障がみられました5

Stages of a growing of the person, from the child to the adult

参考文献

  1. Flitcroft, D.I., 2012. The complex interactions of retinal, optical and environmental factors in myopia aetiology. Progress in Retinal and Eye Research 31, 622–660. https://doi.org/10.1016/j.preteyeres.2012.06.004
  2. Sidhu, T., Desai, A., Gagrani, M., Dada, T., 2019. Phacomorphic glaucoma in a high myope with phakic intraocular lens. BMJ Case Rep 12, e227096. https://doi.org/10.1136/bcr-2018-227096
  3. Moya, T., Javaloy, J., Montés-Micó, R., Beltrán, J., Muñoz, G., Montalbán, R., 2015. Implantable Collamer Lens for Myopia: Assessment 12 Years After Implantation. J Refract Surg 31, 548–556. https://doi.org/10.3928/1081597X-20150727-05
  4. Zhang, H., Gong, R., Zhang, X., Deng, Y., 2022. Analysis of perioperative problems related to intraocular Implantable Collamer Lens (ICL) implantation. Int Ophthalmol 42, 3625–3641. https://doi.org/10.1007/s10792-022-02355-w
  5. Clinical Outcomes and Cataract Formation Rates in Eyes 10 Years After Posterior Phakic Lens Implantation for Myopia | Cataract and Other Lens Disorders | JAMA Ophthalmology | JAMA Network [WWW Document], n.d. URL https://jamanetwork.com/journals/jamaophthalmology/fullarticle/2498860
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次